コロナ禍での回線増強について

新型コロナは、リモートワークが広がるきっかけになりましたが、通信回線の帯域不足という問題点も明らかになるきっかけになりました。

特にインターネット回線については、日常利用する回線と、万が一の障害に備えたバックアップ回線の2本を用意しますが、このバックアップ用回線は、日常利用する回線が故障しない限り、利用されることはありません。

せっかく2本の回線を引きながら、1本はほとんど利用されない状態は、大変もったいない状況と言わざるを得ません。
マルチホーミングの技術は、使用されていないバックアップ回線を無駄なく利用できる技術です。

既存の回線を増強することなく、バックアップ回線の利用で、インターネット回線をこれまでの2倍に増強することが可能になります。

以前からある技術が、新たな脅威に対応できるとは、温故知新ならぬ、温故創新といえるのではないでしょうか。



 

営業窓口


資料請求

 
     



<