Cellマルチホーミング(Cell Janus)
Cell IPS
Cellネットワーク管理(Cell NetsVision)

Cell IPS (Intrusion Prevention System:侵入防止システム)



製品概要 特徴 仕様 GUI 利用例
 ワームや不正侵入のようなマルチ感染攻撃型脅威は企業やサービス提供者に莫大な財政ロスを被る重大なセキュリティの影響を与えます。
その攻撃が巧妙に成るにつれ、セキュリティ防御のパラダイムは検知するだけのパッシブ防御型から問題把握と自動的にブロックする事前対応策を講じた予防型へとシフトしています。

 Cell IPS(Cell Intrusion Prevention System)は独自に開発されたCriOS(Cell’s proprietary Custom Real-time Intelligent Operation System)とIPPE(Intelligent Packet Processing Engine)が組み込まれた次世代型セキュリティ・アプライアンス・システムです。
それはハッカーの侵入より一歩先を進み、悪名高いスパイウェア、侵入攻撃、ウィルス/ワーム、リアルタイムにネットワークに到達するトンネル・ソフトウェアを含むすべての攻撃パケットをブロックすることが可能です。
Cell IPS はネットワークを守るための3000種類以上のシグネチャをサポートし、すべての最新の脅威と侵入攻撃から守るためにSSC(Cell Security Service Centre )よりオンラインによるシグネチャ更新とKB(Knowledge-Base)の自動更新の提供が可能になっています。
ネットワーク環境や条件の違いによって必要となるカスタマイズ化したシグネチャとファイアーウォールのポリシー変更も可能になっています。

 大規模なネットワーク・インフラにおける複数のCell IPSを展開する場合にはネットワークを通じてCell IPSを管理する集中管理プラットフォームであるCell NetsVision が可能となっています。
それはCell IPSを操作、アドミン運営、制御する(ポリシー設計、シグネチャ/ナレッジベース、データベース、セキュリティ手順のネットワーク・セキュリティ技術の統合) 3-tierアーキティケチャなトポロジーとなっています。
 

カタログ


データシート


アプリケーションノート


ホワイトペーパー


ケーススタディ


 

 

営業窓口


資料請求