CRiOS (Custom Real-time Intelligent Operation System)

     
 

概要


Cell CRiOS は、オープン Linux カーネルシステム・バージョン2.6.xベースで独自に拡張設計したオペレーティング・システム(OS)レイヤーです。
このOSレイヤーは、ソフトウェアベースの脅威を防ぎ、カーネルOSの整合性を守り、最高のパフォーマンスを達成する最高の技術設計を独自に持っています。
それは、リアルタイムに送受信されるネットワークパケットに対する標準Linux カーネルのボトルネックを解消し、汎用ハードウェアでの高いパフーマンスを達成できます。


図を拡大
 

このOS レイヤーには、いくつかのキーテクノロジーがあります。
ダイレクト・ネットワーク・キャッシュ・アクセス(DNCA) 技術、Mac レイヤー・パケット・インターセプション手法、マルチコア・パラレル・プロセシング技術、トラフィック・シェーピングアルゴリズム・エンジン (TSAE)、IP パケット・クラシフィケーション・エンジンがそれです。
これらは、当社の汎用ハードウェアアプライアンス内で、高いシステムパフォーマンス、CPU利用の最適化、高速パケット処理の最速化を完全に達成できます。
このOSは、オープン・スタンダード産業用PCラックマウント・シャーシのハードウェア・アプライアンス内に組み込まれます。
それは、完成されたOSとして100%安全で、隠れた費用、データベースの高いスキルセット、ソフトウェア構築の必要性がありません。
キャリア網環境に展開される当社製品の高信頼性パフォーマンスを維持するために、CPU、電子基板、電源など全てのハードウェア部材はCell車のテストラボや他の標準テスト機関によって完全に試験されています。

 
     

 

技術資料


 

 

営業窓口


資料請求