マルチホーミング

     
 

概要


マルチホーム技術は、IPPE 汎用プラットフォームの一部です。
それは、ネットワークの障害回復力とビジネス保護のための当社独自の IP WAN ロードバランシング技術です。
それはまた、独自のハードウェア・アプライアンスと Cell CRiOS や Cell IPPE との組み合わせです。
それは、8つの WAN リンク上で 2Gbps の高速パフーマンスをサポートできます。
それは、ダイナミック WAN リンク・ロード・バランシング、先進のファイヤウォール、インテリジェント NAT (iNAT)、先進のルーティング、 統合 DNS, トラフィックコントロールのための TSAE、リンク・モニタリング、自動フェイルオーバーなど、いくつかの独自のモジュールにより設計されています。


図を拡大
 

マルチホーミング技術は、複数のISPや異なる事業者ネットワーク・インフラを複雑なネットワーク設定の変更なしに接続するために設計されます。
それは、WAN リンク障害やISP機能停止から守ることで、ネットワークの稼働率を上げる大きな利点を持ちます。
この技術と製品は、マルチ WAN サービス・ゲートウェイを持つ通信事業者ネットワーク・サービス用に設計されており、既存の通信事業者用ネットワーク装置とプラグアンドプレイで完全に動作し、一般的なネットワーク・プロトコルを利用でき、ISPに特別なサービスや設定変更を求めません。


 
     

 

技術資料


 

 

営業窓口


資料請求