TSAE (Traffic Shaping Algorithm Engine)

     
 

概要


TSAE は、Cell CRiOS と Cell IPPE 汎用プラットフォーム固有のファームウェアの一部です。
それは、Denial-of-Service (DoS)攻撃を防ぎ、企業ユーザの優先順位の高いIPサービスクラスの確保する、当社独自のIP QoS (Quality of Service) エンジンとトラフィック管理技術です。
この革新的な技術は、良く知られており、香港特別行政府創新科技署が出資しています。


図を拡大
 

TSAE はCell CRiOS による固有のネットワーク処理装置設計と Cell IPPE との組み合わせです。
それは、数千のスモール・キュー、queue in queue (Q in Q)機能、マルチレベル・キューをサポートできるクラスベース・パケット・キューイング・アルゴリズムにより設計されています。
そのシステム性能は、異なるIP サービスクラス含む4Gbpsを実現できます。
この技術と共に、トラフィックのコントロールと管理、トラフィック・モニタリング、 トリプル・プレイ・サービス・クラス、ポリシー管理などの主要機能が開発されています。


 
     

 

技術資料


 

 

営業窓口


資料請求